祭事のご案内

おまつり情報

おまつり情報

祭事・行事名 夏越の大祓式 nagoshi-no-ooharaeshiki
~茅の輪くぐりの神事~
夏越の大祓式について 水無月の夏越の祓する人は千年の命延ぶといふなり
(拾遺集巻五)

と詠まれているように、日本人は古くより6月30日、夏越の大祓というおまつりをしてまいりました。
『常陸水戸領風俗問状答』に「六月、晦日祓は八幡の社内にて、参詣人に茅の輪をくくらしむ。左の足をあげてくくる。祈禱すみて那珂川に流すと云」とあり、当宮では創建時より420年の間、連綿と斎行してまいりました。
この大祓というのは宮中祭祀を起源とし、私たちが日常知らず知らずのうちに犯した罪ケガレを紙人形に移し、厳重な祭祀の後、川へ流しケガレを浄化し、併せて茅の輪くぐりを行い、疫病退散、更なる活力増進を祈念する神事であります。
 日々、目まぐるしい生活をしている私たちは、ともすれば、身を律する事を忘れがちです。この意義深い大祓に紙人形をおさめ、御神威のまにまに罪・ケガレをお祓いし、限りない発展を祈願いたしましょう。
日時 令和3年6月30日(水) 午後1時より
※12時45分頃から御神楽による中元祓を執り行います。
紙人形と茅の輪くぐり期間 「茅の輪」事前設置期間 6月1日(火)~6月30日(水)
当日のご参列が難しい方は上記の期間中、境内に茅の輪を事前に設置しておりますので、紙人形をお納めの上、ご都合の宜しい時におくぐり下さい。 また、遠方の方は、事前に神社まで紙人形を郵送にてお納め下さいますようお願い申し上げます。お預かりしました紙人形は、式の当日に厳粛に神事を執り行いお祓いさせて頂きます。

※紙人形は神社でもお配りしておりますが郵送によるお渡しも可能です。

郵送をご希望の方は電話にてお問い合わせください。
電話 029(221)5327 / 029(226)8854(昼間のみ)
FAX 029(224)0185
茅の輪おまもりについて 紙人形をお納め頂いた皆様には疫病退散の茅の輪お守りを差し上げております。
ご家庭にお飾り頂き、ご家族でお陰をお受けください。
夏越の大祓式 夏越の大祓式 夏越の大祓式

PAGETOP